読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曲がり角でフラメンコ

非日常的な日常

星乃珈琲店

オススメ度:★★★★☆

(雰4.0 サ4.0 味4.0 CP3.0)

予算:1000〜2000円

 

スフレパンケーキで有名な星乃珈琲店!!

名前は伺っていたのですが中々行く機会がなく、今回が初めての入店となりました。

通して頂いたのは個室。

8人掛けの広い席を2人でゆったりと満喫…。

個室は2時間制となっていたので勉強等で利用する際は、普通のテーブル席に通してもらうようにしましょう(´ω`)

ドリンクはおかわり半額(一部の対象商品のみ)となっているので、「そろそろ席を立たないと迷惑かな…」と思った時におかわりをすれば罪悪感が無くなりそうです笑(受験生的発想)

 

それでは今回のオーダー一覧行きます。

 

ダブルチーズのビーフシチュースフレドリア 1000円

f:id:izulog:20170219003237j:image

ふわっふわのスフレ。

スプーンはほわーっと下のドリアの層まで届いていきます。

f:id:izulog:20170219005202j:image

柔らかくもわずかに弾力があり、口の中ではふんわり溶けていくのが出来たてほかほかのスフレならでは。

また順々に食べていくので中のドリアも冷めにくく、最後まで温かい料理として楽しむことが出来たのも良かったです。

スフレを切り分けた際にはカマンベールチーズが糸を引いてチーズの存在を仄めかしてくる。

正直意識しないとチーズの味は感じられないけど、糸引きを楽しむ料理の食材として利用されるカマンベールチーズを合わせることで、見事に弱点を払拭した感じでした。

でもやっぱりもっとチーズは多くして欲しいところ…。

 

窯焼きバニラスフレ(アングレーズソース) 580円

f:id:izulog:20170219003246j:image

アングレーズソースは、なめらかなカスタードソースをイメージしてもらえれば。小麦粉を入れないことでとろみが消えてるみたい。

まずはソースをかけずに一口…。

表面の粉砂糖が甘くて美味しい!デザート感がたまらん(´ω`)

ドリアの上に乗っていたスフレよりも上品。ソースをゆっくりかけてスフレを崩すと甘さが増してより美味しくなりました。

ただ、ソースをかけた分だけ温かさが減るので、程々に調整した方がいいかも。かけずに食べるのもアリよりのアリ(´ω`)

個人的なイチオシメニューになりました。

これは食べて欲しい。

 

スフレパンケーキダブル 700円

f:id:izulog:20170219125850j:image

見た目は案外シンプルな看板メニュー。

メープル、はちみつ、黒糖 の3種類のソースから1種類選べます。今回は黒糖をチョイスしました!

ふわふわしたホットケーキって感じですね。

これだけで結構お腹は膨れると思います(´ω`)

 

 ところで、スフレパンケーキって定義的には全く別物らしいけど、スフレパンケーキって一体どうやって作られてるんだろう…。

実際、バニラスフレとは全然違うものだったので気になるところ。

 

おしまい(´ω`)

 

所沢 ワイン呑場 ひかり荘〜RUDE KITCHEN〜

オススメ度:★★★☆☆

(雰3.0 サ3.0 味3.0 CP2.0)

予算:3〜4000円

 

行ってきて欲しいとのご要望を賜り行って参りました、ワイン呑場 at ひかり荘

イオン側からプロペ通りに入ってすぐの坂道を下ると程なくして見えてくる、結構ひらけた隠れ家(?)

滅多に通らない場所ですね。

f:id:izulog:20170219014728j:image

外観。入り口正面からチラッと見ると店員さんと目があってしまうし、窓も大きく覗くのには若干の躊躇が…。

本格的な店なのかな?と少々たじろぎそうになる。

でも大丈夫。大したことなかったです!!

 

早速注文を開始!

f:id:izulog:20170219014809j:image

陣取りはもちろんカウンター席。

ワインはカフェ カベルネ(税抜690円)。

正直ぼったくりな値段設定。

雰囲気料が多いのかなぁ…。

 

マルゲリータ(税抜500円)

f:id:izulog:20170219014822j:image

う、薄い…!

本当におつまみレベルのピザ。

500円ってこのレベルやっけな…?

味は悪くはない。

 

アジアンTKG(税抜390円)

f:id:izulog:20170219014836j:image

この値段ならまぁ。

ダイエット中の女の子が食べるくらいの量ですね。

普通のTKGよりは見ての通り多少のトッピングが施されているので、美味しいです。

 

後は適当に白ワインやスパークリングワインを飲んでみました。

所沢にはデートスポットがこれと行ってなく深夜まで営業してる雰囲気のある店は中々ないので、そういった意味でこの値段設定なのかなぁ…と思いました。

常連客と店員さんがずっと話していましたが、さほど気になるものでもなかったです。

ここの魅力はスパークリングワインやカクテルの種類が豊富なことかな。

女性側が楽しめる品揃えになっていました。

 男性にしてみれば、ここはガッツリ食べるにしても飲むだけにしてもお金がかかりすぎるので、ワインを楽しむなら今のところはLIVET酒場を推します。

 

おしまい(´ω`)

 

 

 

 

 

 

新宿 いちりん

 

 オススメ度:★★★★☆

(雰3.0 サ5.0 味4.5 CP3.0)

予算:1万円 

 

今回伺ったのは 大人和食いちりん 新宿店。門前仲町、銀座、新宿、神楽坂と都内に4店舗出店しているみたいです。

 一押しメニューは「雲丹しゃぶ」

これを食べたいがために目を付けていたお店です。

高級食材の雲丹を色々な形で食べられるなんて聞いたら、もう行くしかないでしょ…!

f:id:izulog:20170214234121j:image

ということで到着。外観です。

右手に見える階段は1月6日から増設された2階へと繋がっています。今回お邪魔したのは2階席。

1階もパッと覗いてみましたが、高級感もそこまで出ておらず入りやすい雰囲気でした。

2階は本当に新築って感じで壁とフローリングは白、窓枠はパイン材の色。

他の座席とはロールスクリーンで仕切られていて「急遽増設」って言葉がぴったり。

 

そんなこんなで訪れましたが、実はなんとこの日はゼミの食事会で伺ったのでまきしーの全奢り!

コース+飲み放題+単品メニュー と図々しさ甚だしいまでの食事会でしたが、快く出して頂きました。f:id:izulog:20170215001702j:image

なのに僕が予約したから「いずみ御一行様」になってるの気恥ずかしかった…。

 

さて。気になるメニューを一品ずつ載せていきますね!

 

1.丸ごと雲丹と季節の前菜

f:id:izulog:20170215125441j:image

初っ端からドーンと雲丹!!ビールで乾杯!

口当たりがとても柔らかい!

生臭さもなくて、美味しい。すごくトロトロしていたのは塩雲丹加工してあるからかな?

これから出るメニューの話をしたり、教授の過去の話を聞いたりしながらペロリと完食。

早く来ないかなーとのんびり待ちつつ、2杯目のビールを注文!

 

2.雲丹のせサラダ

f:id:izulog:20170215125449j:image 

今度は生雲丹っぽい!雲丹だけで食べても、サラダに巻いて食べてもどちらにしても美味い!

控えめに食べたら雲丹が余るぐらい、見た目よりも十分な量でした。

 

3.朝〆鮮魚の雲丹包み造り

f:id:izulog:20170215125502j:image

一番見た目がお洒落な一品でした笑

雲丹と芽ねぎを鯛で包んだ贅沢な品。(だと思う)

白ワインや日本酒と共に頂きました。

醤油も何も付けずに食べましたが、ちょーーっとねぎの風味が強いかなぁ、って感じでした。

朝〆と言ってるだけあって鯛は歯ごたえがあって美味しい。けど雲丹はもうちょっと多くても良いんちゃう?!

2つじゃ全然足りなかった笑

 

4.雲丹の濃厚コロッケ

f:id:izulog:20170215125512j:image

丸っこくて可愛い。一人一個。

f:id:izulog:20170215152533j:image

中を開けばクリーミーな雲丹がいっぱい!

濃厚を謳うだけありますね。

雲丹三昧なコースは途中で飽きるかなぁと思ってたけど全然で、むしろこれだと物足りないくらい!

パクッと食べてる間に包み蒸しがやってきて…

 

5.A5和牛と雲丹濃厚包み蒸し

f:id:izulog:20170215125534j:image

出汁からも雲丹の味が!!

すくってみれば雲丹か和牛か、という贅沢さ。

個人的にお肉は焼く派です、めっちゃどうでもいいですね。

 

6.名物雲丹のしゃぶしゃぶ

初めに雲丹とエビを投入しました。

食べたすぎて画像撮る前にぶっ込んでしまった…

 f:id:izulog:20170215125919j:image

見事なまでの山吹色!これぞ雲丹しゃぶって感じだ…!(雲丹しゃぶ食べるの初めてだけど笑)

湯気からも若干香りが漂ってきて、気分上々。

しゃぶしゃぶするのは手前に見えるお魚さんたち。

口の中でとろけていく魚と、喉を通る雲丹スープがたまらん!

 

7.雑炊

f:id:izulog:20170215130019j:image

ネタを食べきると店員さんがしゃぶスープから雑炊を人数分作ってくれます。

溢れんばかりの雲丹の味がここにきて更に食欲を増幅させる。

なのにここでコースは終わりという不遇な身の上に涙を呑んでいると、まきしーから一言。

「お腹が減ってるなら単品メニューで頼めばいいよ」

遠慮という文字は知りません。

脱兎の如く素早く店員さんを呼びつけるとメニューを戴き、目に止まったグラタンを注文!

 

8.雲丹のグラタン

f:id:izulog:20170215130117j:image

一瞬で食べたから写真撮るの忘れちゃったので、某ログから借りてきました。笑

画像まんまです!ここでもまた雲丹が存在感を主張しにきてました。

流石にこれ以上は…ってことでオーダー終了!

 約2時間、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました(´ω`)

 

星4つなのはやっぱりCPの問題で。

空きっ腹でいくと際限なくお金使っちゃうと思います…。(ここは値段の割にかなり少なめ)

けど雲丹が苦手でも美味しく感じれるし、雲丹をメインで取り扱ってる店の中では比較的安い方みたいなので、是非行って欲しいです!

ここの雲丹でも食べられないようなら今後の人生で雲丹を楽しむのは難しいかな、っていう判断基準になるだろうし…笑

 

 おしまいʕʘ‿ʘʔ

 

 

てか最近知ったんですけど、めっちゃ美味しそうに見える食レポの写真とかは一眼レフとかで撮ってるみたいです。
あんだけ食材が綺麗に輝いて見える訳やわ…

 

食材は見た目から適当に判断しているので、間違ってたらごめんなさい

エクレアの食べ方について

 

こんばんは。

最近ワインの勉強を頑張ってます。

ブドウ栽培や品種を覚えて一体自分はどこに向かってるんだ…って感じですが、ワインを楽しめるようになるためしばらくはやっていこうと思います。

 

あと、料理の写真を撮る習慣がないので種類が少ないのはごめんなさい。

 

 

さて。

今回は、学食で出たのでエクレアの食べ方について書こうと思います。

 

まず美味しく食べる方法としては上下を逆さにして食べること。チョコが最初に舌に触れることで口どけがより滑らかになり、すぐにカスタードと融合することで口に広がる味わいも濃厚になる…らしい。

 

けれども。

そんなことより一番の問題は、クリームが飛び出てくること。

その問題の解決策は……↓

 

①レストラン系

デザートとして提供された際は、ナイフとフォークを使って左端から食べます。

まぁそりゃそうですよね。

飛び出た分はナイフで拭って、食べようとしてるエクレアに塗れば良い感じ。

 

②学食系

「さぁ手で食え!」って提供されたらどうやって食べればいいのか。

解決策は……なし!

 

そもそもエクレアはフランス語のéclair(エクレール)に由来する言葉で、意味は「稲妻」「電光」です。

稲妻と名付けられた理由は諸説あるけれど、一番有力な説は「中のクリームが飛び出さないように稲妻のごとく急いで(一口で)食べなければならないから」だそうです。

 f:id:izulog:20170208150309j:image

諦めて勢いよく食べましょー!

 

まとめ。

エクレアって

f:id:izulog:20170208145230j:image

こんなんや

f:id:izulog:20170208145232j:image

こんなんがあるから、逆さにするのが必ずしも正しい食べ方とは限らないし、1枚目なんかは上蓋をクリームに付けながら食べるのも良さげですしね。

楽しんで食べるのが一番!ということで!

 

 

変に雑学を覚えられたところで今日はおしまいʕʘ‿ʘʔ

 

 

 

Soup Stock Tokyo 西武新宿店

オススメ度:★★★★☆
(雰3.0 サ3.0 味4.0 CP4.0)

ルミネ新宿にもあり、全国展開しているSoup Stock Tokyo
今回初めて伺いました(´ω`)
時刻は10時前後でお腹はペコペコの状態での入店。

 

f:id:izulog:20170208150534j:image
朝のスープセット(500円) 東京ボルシチと白ごまご飯


東京ボルシチ玉ねぎの甘みがたっぷり出たスープが美味い!柔らかい牛肉との相性が抜群!
スープは飴色に輝いてて綺麗でした(´ω`)
ちなみに白いのはヨーグルトです。

白ごまご飯はちょっと固めのご飯でした!
弾力がありプチプチしていたので、スープと絡めてもサラサラしてバラけたりせず、満腹中枢を刺激してくれる腹持ちの良い一品でした(´ω`)

朝はやっぱり出来たての白米を食べるのが一番ですね!

たったこれだけの量で昼過ぎまで保ちました笑
ボルシチが温かいおかげもあったかな。
綺麗な店内でゆっくりと食事が出来て朝から気分が良かったです!

 

 

短いですが、おしまいʕʘ‿ʘʔ

恵比寿 Subrideo Restaurare

 

オススメ度:★★★★★

(雰:5.0  サ:5.0  味5.0 CP:3.0)

予算:10000円

 

あ、ヤバい。

チーズが食べたい。

突然現れたその衝動を抑えきることが出来ませんでした。

チーズで人気な店舗をいくつかチョイスした中で今回伺ったのが「恵比寿 Subrideo Restaurare」

因みに他の候補

・渋谷 LIFEMALL

・渋谷 CHEESE STAND

・青山 DAIGOMI

DAIGOMIは平日しかやってなくて断念…。

他はチーズフォンデュがメインだったので自然と却下。

「チーズと言えばチーズで、チーズフォンデュはチーズじゃない」の信念の元、スブリデオに出向くことにしました。 (意味不明)

f:id:izulog:20170204210555j:image

綺麗な外観。

f:id:izulog:20170204210938j:image

今回はカウンター席に座らせて頂きました。

シェフが料理している姿を目の前で堪能出来ます。

ショーウインドウにはチーズがギッシリ。国内外合わせて5,60種類のチーズをストックしてあるそうです。

しかもこの店のオーナーシェフC.P.A(チーズプロフェッショナル協会)からチーズプロフェッショナルとして認定されているらしい。よく分からないけど凄そう。さらに期待は高まる。

 

まずはクロワ2006(1200円)アルボワ(1000円)の赤ワイン2種で乾杯!コク深いクロワも軽くてさっぱりとしたアルボワも美味しかったです。

続いて店員さんがメニューについて紹介。

イケメンでとても接客が良かった。最高!

最初の乾杯も料理の注文も、のんびり店内を眺めながら待っていれば店員さんが説明しに来てくれるのでドーンと構えておけば大丈夫です。

注文も急かされることなく、のんびりとすることが出来ました。

 

前菜として頼んだのは自家製スモークサーモンのミキュイと山羊乳チーズのサラダ(1800円)

f:id:izulog:20170204235942j:image

ミキュイとは「 食材の中まで微妙に火を通した調理法」のこと。

まん丸とした山羊乳チーズは柔らかく、クセがあって病みつきになる美味しさ!

サーモンもミキュイという謎の調理法がされているからか、滑らかというよりはむしろシットリしていて美味しかった。

 

次に頼んだのがラクレットチーズwithフリコ(1550円)

f:id:izulog:20170205000429j:image

マッシュポテトに大和芋を入れたフワフワの芋料理であるフリコに、豪快にフランス産ラクレットチーズを投入!!

f:id:izulog:20170205001048j:image

超絶美味。ポテトとチーズってやっぱり合うなぁと感じた。チーズだけで食べても満足いく品だった。(むしろチーズだけの方が良かったかも?笑)

 

クロワを飲み終えてしまったので、赤ワイン マッキオーナー(1000円)を追加注文。

クロワよりも葡萄の香りが強くコクも深いのでキツめの味だったけどこっちの方が僕好みだった。

 

 そしてお店オススメの濃厚コンテリゾット 舞茸とヘーゼルナッツ(2000円)が投下される。

f:id:izulog:20170205003844j:image

別で調理したリゾットをコンテと呼ばれる硬質のチーズの中に入れ、スプーンでお皿にかき出すことで完成。

ここでのポイントはリゾットの熱でコンテが柔らかくなるので、かき出しの際にコンテも一緒に混ざってより美味しくなるところ!!

しかもこのかき出しは僕たち客側がやらせてもらえます。一種のパフォーマンスですね。

f:id:izulog:20170205001359j:image

ヘーゼルナッツが絶妙。なるほどなぁと感心しながらペロッと平らげることが出来ました。

 

最後メインデッシュとして骨付き仔羊のグリエ、パリロットとクスクスのサラダ(2600円)が登場。

f:id:izulog:20170205002005j:image

もう見たまま美味しいです。写真からも伝わってくる美味しさ。

クスクスは乾燥パスタと同じ材料から作られた粒状の米のようなもの、と認識して貰えばいいですがパラパラとしていて不思議な感じ。ラム肉から湧き出てくる旨味をクスクスに付けて食べると美味い!

 

これだけ食べて満足してお会計。

やっぱりコスパの点では量が少ないのはお高い店の難点かなぁと思うけれど、こじんまりとした店内とサービスの質の面から星5つです(´ω`)

このお店に辿り着くまでに恵比寿で色々と美味しそうな店を見つけたので、次は〆にオムレツを食べるために利用しようかなぁと思ってます。

何かの記念日に行くのに最適かもしれないので是非!

 

予約するのを忘れずに!!!

 

おしまいʕʘ‿ʘʔ

新宿 回転寿司屋HiBaRi

 

オススメ度:☆☆☆☆☆

(雰1.0  サ2.0  味1.0  CP1.0)

 

ある日の朝、「あー、最近お寿司食べてないし食べたくなってきた」ってなって1人で入った回転寿司屋HiBaRiさん。誰でもそう言うのあると思うんですけど、この時初めて実行しました。

オールの後の始発前で、時刻は4時前。

f:id:izulog:20170205163130j:image

歌舞伎町入り口近くにあるお店。

一皿均一140円(税抜き)とあって、「ぼったくられる心配もないしここにするか」と決めました。

 

入ってから気付く。「失敗だ…!」

奇妙なにおいが鼻につく。

店内には髪の毛プッシャー!のホストさん等がいらっしゃって「あぁ仕事終わりなのかなぁ」と歌舞伎町にいたことを思い出す。

 

カウンター席に座ってセルフで水を入れようとするとコップがビックリするぐらい汚くて飲むのを断念。ちゃんと拭いて…。

板前さんが真ん中にいらっしゃるので最初にサーモンを注文。まずすぎぃぃぃい! 

アタックもビックリの驚きのまずさ。

まずシャリが固い。

え?どんな握り方したの?って感じ。

皿にシャリの部分がくっついていて、食べるとカチカチしてた。

「もしかしてヤバい店なのでは?」と思い、適当に食べて退散することを決意。

次に頼んだのがウニ。

「うほー!まずそうー!」抜けきらない酒のせいか、謎テンション。ドス黒い色をしたウニ。

そう言うものだと思って口に入れるとウニらしき味はする。カピカピした海苔に身の危険を感じたものの、食べらないこともない…かな。

そして中トロを頼む。

"Oh, fantastic...!" って感じでした。

中トロの体を成してない。 なんか冷たかった。

数回噛んで飲み込みました。不味い。

お寿司屋さんでは割と重要なポジションを担うこの3品がダメだったので、ここでお会計。

 

ここを伺った日はかなり朝冷え込んでいたので、風邪よけとしては利用できるかな…。

午前5時ぐらいまでやっていたので、飲み会後始発を待つ間は便利かもしれない…。

 

 ここまで若干擁護気味で書いたけど、寿司屋としての結論は絶対に行かない方がいいです。

味も悪いしこのレベルだとコスパ最悪。

結局の所ぼったくられたに近い。

怖いもの見たさで行くのすらオススメしません。

寿司が回ってるのがみたい衝動に駆られたならまぁいいんじゃないですかね…。

そういった点で星0です(´ω`)

ここ出てすぐお茶とおにぎりを買って口直しをしました(´ω`)

 

この店を行って思ったのですが、100円均一のくら寿司等の回転寿司は神!

100円であの味出せるなんて企業努力が凄いんだろうなぁと思います。くら寿司行きたくなってきた。

 

 

 おしまいʕʘ‿ʘʔ