曲がり角でフラメンコ

非日常的な日常

新宿 いちりん

 

 オススメ度:★★★★☆

(雰3.0 サ5.0 味4.5 CP3.0)

予算:1万円 

 

今回伺ったのは 大人和食いちりん 新宿店。門前仲町、銀座、新宿、神楽坂と都内に4店舗出店しているみたいです。

 一押しメニューは「雲丹しゃぶ」

これを食べたいがために目を付けていたお店です。

高級食材の雲丹を色々な形で食べられるなんて聞いたら、もう行くしかないでしょ…!

f:id:izulog:20170214234121j:image

ということで到着。外観です。

右手に見える階段は1月6日から増設された2階へと繋がっています。今回お邪魔したのは2階席。

1階もパッと覗いてみましたが、高級感もそこまで出ておらず入りやすい雰囲気でした。

2階は本当に新築って感じで壁とフローリングは白、窓枠はパイン材の色。

他の座席とはロールスクリーンで仕切られていて「急遽増設」って言葉がぴったり。

 

そんなこんなで訪れましたが、実はなんとこの日はゼミの食事会で伺ったのでまきしーの全奢り!

コース+飲み放題+単品メニュー と図々しさ甚だしいまでの食事会でしたが、快く出して頂きました。f:id:izulog:20170215001702j:image

なのに僕が予約したから「いずみ御一行様」になってるの気恥ずかしかった…。

 

さて。気になるメニューを一品ずつ載せていきますね!

 

1.丸ごと雲丹と季節の前菜

f:id:izulog:20170215125441j:image

初っ端からドーンと雲丹!!ビールで乾杯!

口当たりがとても柔らかい!

生臭さもなくて、美味しい。すごくトロトロしていたのは塩雲丹加工してあるからかな?

これから出るメニューの話をしたり、教授の過去の話を聞いたりしながらペロリと完食。

早く来ないかなーとのんびり待ちつつ、2杯目のビールを注文!

 

2.雲丹のせサラダ

f:id:izulog:20170215125449j:image 

今度は生雲丹っぽい!雲丹だけで食べても、サラダに巻いて食べてもどちらにしても美味い!

控えめに食べたら雲丹が余るぐらい、見た目よりも十分な量でした。

 

3.朝〆鮮魚の雲丹包み造り

f:id:izulog:20170215125502j:image

一番見た目がお洒落な一品でした笑

雲丹と芽ねぎを鯛で包んだ贅沢な品。(だと思う)

白ワインや日本酒と共に頂きました。

醤油も何も付けずに食べましたが、ちょーーっとねぎの風味が強いかなぁ、って感じでした。

朝〆と言ってるだけあって鯛は歯ごたえがあって美味しい。けど雲丹はもうちょっと多くても良いんちゃう?!

2つじゃ全然足りなかった笑

 

4.雲丹の濃厚コロッケ

f:id:izulog:20170215125512j:image

丸っこくて可愛い。一人一個。

f:id:izulog:20170215152533j:image

中を開けばクリーミーな雲丹がいっぱい!

濃厚を謳うだけありますね。

雲丹三昧なコースは途中で飽きるかなぁと思ってたけど全然で、むしろこれだと物足りないくらい!

パクッと食べてる間に包み蒸しがやってきて…

 

5.A5和牛と雲丹濃厚包み蒸し

f:id:izulog:20170215125534j:image

出汁からも雲丹の味が!!

すくってみれば雲丹か和牛か、という贅沢さ。

個人的にお肉は焼く派です、めっちゃどうでもいいですね。

 

6.名物雲丹のしゃぶしゃぶ

初めに雲丹とエビを投入しました。

食べたすぎて画像撮る前にぶっ込んでしまった…

 f:id:izulog:20170215125919j:image

見事なまでの山吹色!これぞ雲丹しゃぶって感じだ…!(雲丹しゃぶ食べるの初めてだけど笑)

湯気からも若干香りが漂ってきて、気分上々。

しゃぶしゃぶするのは手前に見えるお魚さんたち。

口の中でとろけていく魚と、喉を通る雲丹スープがたまらん!

 

7.雑炊

f:id:izulog:20170215130019j:image

ネタを食べきると店員さんがしゃぶスープから雑炊を人数分作ってくれます。

溢れんばかりの雲丹の味がここにきて更に食欲を増幅させる。

なのにここでコースは終わりという不遇な身の上に涙を呑んでいると、まきしーから一言。

「お腹が減ってるなら単品メニューで頼めばいいよ」

遠慮という文字は知りません。

脱兎の如く素早く店員さんを呼びつけるとメニューを戴き、目に止まったグラタンを注文!

 

8.雲丹のグラタン

f:id:izulog:20170215130117j:image

一瞬で食べたから写真撮るの忘れちゃったので、某ログから借りてきました。笑

画像まんまです!ここでもまた雲丹が存在感を主張しにきてました。

流石にこれ以上は…ってことでオーダー終了!

 約2時間、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました(´ω`)

 

星4つなのはやっぱりCPの問題で。

空きっ腹でいくと際限なくお金使っちゃうと思います…。(ここは値段の割にかなり少なめ)

けど雲丹が苦手でも美味しく感じれるし、雲丹をメインで取り扱ってる店の中では比較的安い方みたいなので、是非行って欲しいです!

ここの雲丹でも食べられないようなら今後の人生で雲丹を楽しむのは難しいかな、っていう判断基準になるだろうし…笑

 

 おしまいʕʘ‿ʘʔ

 

 

てか最近知ったんですけど、めっちゃ美味しそうに見える食レポの写真とかは一眼レフとかで撮ってるみたいです。
あんだけ食材が綺麗に輝いて見える訳やわ…

 

食材は見た目から適当に判断しているので、間違ってたらごめんなさい